小型焼却炉Clean fire 導入の流れ!

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire 導入の流れ!

「小型焼却炉Clean fire」導入からアフターサービスまで

株式会社エー・ワンがご提供する「小型焼却炉Clean fire」の導入にあたり、お問い合わせからアフターメンテナンスまでの流れをご説明します。

Step1 お問い合わせ

お問い合わせ

まずはお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。

製品に関する疑問・ご質問などをお聞かせいただければ、丁寧にわかりやすくご説明いたします。

お電話からのお問い合わせ

TEL:092-233-7525 【受付時間 9:00~18:00 土日祝日定休】

>>メールでのお問い合わせはこちらから

次へ

Step2 現地調査・打ち合わせ

現地調査・打ち合わせ

お問い合わせ後、ご依頼内容の確認が済みましたら実際にスタッフがお伺いし、現地の下見や調査などをさせていただきます。その際、さまざまなご希望をお聞かせください。

お客様のご希望・ご予算などを考慮したうえで最適なプランをご提案します。また「Clean fire(クリーンファイア)」の利用法や概要なども必要に応じて細かくご説明いたします。

次へ

Step4 納品・動作確認

納品・動作確認

完成した「Clean fire(クリーンファイア)」の各部パーツを現場に運び設置作業を行います。 組み立てはすぐに終わりますので、その後すぐに動作確認・試運転・燃焼試験を行い具体的な使用方法や留意点などのご説明をいたします。

その際、ご不明な点などございましたらお気軽にお尋ねください。作業やご説明が終わりましたら引渡し完了です。

次へ

Step5 アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

納品後も気になる点がありましたらご連絡ください。

また、装置に関する修理やメンテナンスなどもお任せください。当社にてしっかりとサポートいたします。

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード