小型焼却炉Clean fire導入ケース2

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire導入ケース2

鳥インフルエンザはもうたくさん!

福岡県K様

case2

以前、鳥インフルエンザが日本で猛威を振るった際に被害を受けたお客様が「小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)」の導入を決められた理由は何か、お話をお聞きしました。

鳥インフルエンザの被害を受けられたということですが、どれくらいですか?

どこの養鶏場も一緒だと思いますが、この養鶏場にいた鳥はすべて処分しました。処分費用はかなりかかりましたね。

感染の原因というのはわかっているのですか?

正直なところはっきりしてはいませんが、たぶん回収業者がうちに来る前に回収した中に感染していた鳥が混ざっていたのだと思います。 そのことに気付かずいつものルートで回収したことで感染がこの周辺一帯に広がったのではないでしょうか。 ただ、なぜ感染したのかについて、原因は不明です。

回収業者

鳥インフルエンザ

鳥や経済的な被害以外にも大変なことがあったとお聞きしていますが。

実は、感染がわかって周辺一帯が封鎖された時にメディアの取材を受けたのですが、それが感染源と勘違いされてしまい、風評被害が大きかったです。

大変でしたね。今はどうですか?

さすがに今は落ち着いていますので、以前のとおり問題なく仕事をしています。「Clean fire(クリーンファイア)」も導入したので安心しています。

そもそも、「Clean fire(クリーンファイア)」を導入するきっかけは何だったのでしょうか?

もともと死鳥は回収業者に依頼して引き取ってもらっていました。ですが、 鳥インフルエンザに感染した原因がその回収業者にあるかもしれないとわかった時に、 このままではずっと感染リスクにさらされ続けるのか・・・と悩みはじめました。ちょうどそんなときに、 エー・ワンさんが来られて「Clean fire(クリーンファイア)」を紹介してくれたのが導入のきっかけです。

「Clean fire(クリーンファイア)」の話を聞いてどうでしたか?

正直なところ、半信半疑でした。小型で作業しやすくて、コストダウンも見込めて、 無煙・無臭だなんていいことづくめでしたから。でも、鳥インフルエンザとかのウイルスを確実に取り払うためには焼却処理するのが一番の対策だということを聞いて、 この焼却炉にかけてみる気になりました。もう、同じ思いはしたくありませんでしたからね。

実際に使用してどうですか?

まず置き場所ですが、本当に小型なので置きたい場所に設置してもらうことができました。 もちろん説明のとおり、面倒な手続きは一切ありませんでした。一度に20羽以上の処理も可能で、 処理が必要なときにすぐにできて衛生的、焼却中に煙が出ることもなく臭いも抑えてくれますし、 ダイオキシンの発生の心配もありません。燃料と薪を使っているのでランニングコストも気にならない程度です。

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire導入ケース

case01

case01

死鳥処理方法に悩む養鶏場F様の場合

check

case03

case03

回収業者に死鳥処理を任せていた養鶏場H様の場合

check

case04

case04

死鳥処理にコストが掛りすぎていた養鶏場O様の場合

check

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード