死鳥(鶏)処理、どうしていますか?

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 死鳥(鶏)処理、どうしていますか?

その方法は安全ですか?

どんなにしっかり管理していても、病気や怪我などにより鶏が死んでしまうことは避けられません。

みなさんは、その死鳥の処理はどのようにされていらっしゃいますか? そしてその方法は安全ですか?

あなたの養鶏場では、どう処理していますか?

死鳥の処理方法


おそらく、
いずれかの方法により死鳥の処理をされているのではないでしょうか?
  しかし、これらには以下のようなデメリットがあります。

埋めて処理

土壌汚染が考えられます。また近くに水脈があれば地下水汚染も考えられます。

土壌汚染が考えられます。
また近くに水脈があれば地下水汚染も考えられます。

堆肥化して処理

土壌汚染が考えられるとともに、野生の獣やカラスなどがあさり、ゴミをまき散らすことがあります。それにより、病原体が運ばれる可能性が考えられます。

土壌汚染が考えられるとともに、野生の獣やカラスなどがあさり、ゴミをまき散らすことがあります。それにより、病原体が運ばれる可能性が考えられます。

焼却して処理

焼却処理の際にも臭いが発生します。また、煙にダイオキシンなどが含まれる可能性も考えられます。

直焼却処理の際にも臭いが発生します。また、煙にダイオキシンなどが含まれる可能性も考えられます。

業者に回収して処理する方法は?

回収業者

上記のいずれの方法も時間と手間がかかり、問題も生じる可能性が 高くなります。そこで、業者を使うことも検討されるかと思いますが、 回収業者に回収してもらうまで死鳥を収容しておく場所を確保しなければなりません。
また、回収業者へ依頼しても定期的な回収をすることも多く、 すぐには引き取ってもらえない場合や、冷凍・冷蔵庫で保管していない場合は夏場は腐敗が早く進むため、回収業者が引き取ってくれず、自分たちで処理しないといけない場合もあります。

さらに、回収して養鶏場をまわるため、もし他の養鶏場からウイルスなどにかかった死鳥を回収していた場合、自分の養鶏場に感染する可能性が高くなります。逆に自分の養鶏場から拡大させてしまう恐れもあります。

死鳥処理は、自分たちだけではなくニオイや煙など近隣への迷惑にもつながる問題です。対策を行っても、完全に死鳥処理の問題を解消するのは難しいのが現状です。

クレームになる焼却炉はいらない

鳥インフルエンザ

近年、自然環境への影響が重要視され、環境基準が厳しくなってきています。その基準に合わせると、今までの死鳥処理方法では問題が生じる可能性が高いと言わざるをえません。

これらの問題点に対し、いかに対応できるかが問われていると言えます。

鳥インフルエンザ対策の重要性

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード