鳥インフルエンザ対策の重要性

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 鳥インフルエンザ対策の重要性

取り返しがつかなくなる前に鳥インフルエンザ対策を

以前、日本でも発生した鳥インフルエンザ。鳥インフルエンザの脅威を見せつけられました。

できるだけ被害を少なくするためには、あらかじめできる対策を講じることが大事ではないでしょうか。

脅威!鳥インフルエンザとは

鳥インフルエンザとは、A型インフルエンザが鳥類に感染して発生する感染症のことで、アヒルや鴨など野生の水きん類 に宿主していると言われています。

水きん類では発症しない鳥インフルエンザですが、家きん類の鶏やウズラ、七面鳥などが感染した場合には、高病原性鳥インフルエンザとなるものもあり、
養鶏業界では最も注意をしなければならない疫病となっているのです。

鳥インフルエンザは最も注意をしなければならない疫病

鳥インフルエンザ

ウイルスの中のH5N1亜型ウイルスは、ヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスに対するレセプター (受容体)を持っていたという条件があるものの、人へ感染し発症したケースが報告され、 アジアや中東では現在でもまだ感染被害が続いています。

通常、鳥インフルエンザは人の感染は考えにくいと言われていますが、最近ではH7N9型鳥インフルエンザウイルスによる人への感染が、中国で相次いで報告されており、ヒト?ヒトでの感染の可能性も出てきてます。将来的に人には、感染する能力を持つ鳥インフルエンザウイルスが発生するリスクがあると危惧されています。

養鶏場にとっての脅威~鳥インフルエンザに感染したら~

鳥インフルエンザが発生すると、まず感染した鳥の処分をしなければなりません。

さらに感染の可能性が高くなるので他の鳥も全て処分しなければならないことも多く、 その地域全体で処分するケースも増えています。そうなると、数百万単位での殺処分が行われます。

さらに、鳥インフルエンザの感染報告やそれに伴う殺処分になれば、鳥や卵の出荷ができなくなり経済的な損失は百億円以上にものぼると言われています。

鳥や卵の出荷ができなくなり、風評被害が広がる

自分の養鶏場は、自分で守る!

鳥インフルエンザが養鶏場の鶏に感染すると甚大な被害をおよぼしますが、気が付かないうちに回収処分などで鳥インフルエンザが蔓延してしまう恐れもあるのです。

自分の養鶏場で感染を防ぐためには、疫病対策が必要です!

clean fireなら、回収業者などの感染経路を断つことができ、防疫対策が可能です!

焼却処分なら、感染した鳥を処分する際に一緒にウイルスも焼却され死滅します。

もし鳥インフルエンザに感染していた場合も、
それ以上広まることはありません!
さらに鳥インフルエンザ以外の病原体にかかっても、
自分の養鶏場で処分できるので、安全性は高まります。

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード