安全を考える(食・養鶏事業・環境)

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 安全を考える(食・養鶏事業・環境)

養鶏場が抱える問題と対策

現在の養鶏を取り巻く環境

国内の食の安全への意識の高まりを受け、食材の安全性の確保が生産者に求められるようになりました。良質な鶏は良質な餌を与え、健康状態を管理してこそ育てられます。
しかし、まだ一部の生産現場では防鳥ネットもなく、周囲に有害鳥獣が徘徊する環境での飼育を行い、鳥インフルエンザの脅威にさらされています。

また、不適切な死鶏処理により飼育環境悪化や周辺環境を汚染しています。
よい環境でよい商品ができるというのはあらゆる分野で共通しており、もちろん鶏・鶏肉・鶏卵も同じです。農場や鶏舎まわりの衛生的な環境を整え、潜在的な生産性の阻害要因や死鶏処理・処分のトラブルを軽減することが、今後の業界全体の基本方針となると当社は考えております。

  • 小型焼却炉導入前
  • 小型焼却炉導入後

養鶏事業の安全

油断できない鶏インフルエンザ

養鶏事業の安全を脅かすものの一つとしてあげられるのが疫病で、特に鳥インフルエンザです。
鳥インフルエンザが発生すると、まず感染した鶏の公的処分をしなければなりません。
さらに感染の可能性が高くなるので他の鶏も全て処分しなければならず、単一農場だけではなく地域全体で対応するケースも増えています。

そうなると、数万羽単位での札処分が行われます。鳥インフルエンザの感染は移動制限だけではなく、それに伴う札処分ともなれば鶏や卵の出荷ができなくなり、経済的損失は数億円以上にものぼると言われています。

油断できない鶏インフルエンザ

環境の安全

ウチだけは大丈夫だと思っていませんか!?

近年、自然環境への関心が高まり、環境基準も厳しくなってきています。
その基準を満たすには、今までの不適切な死鶏処分法では問題が生じる可能性が高いと言わざるを得ません。今、これらの問題点に対し、いかに対応できるかが問われているのです。

民家からかけはなれていたり、鶏舎等の密閉性から、未だこのことは問題化していませんが、今後どこかで噴出する可能性があります。ばれないから、内部だけの秘密だからの理由で放っておいては将来にわたりトラブルとなり、なにより誇りある農業、未来ある養鶏とは言えません。
認識不足から社会的制裁を受けないように、今から準備することが急務です。コンプライアンスの重要性は国民すべての問題です。

  • 知っていますか?
  • 知っていますか?
  • 知っていますか?
  • 知っていますか?

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード